野菜の栄養:物忘れ食事編

脳を活性化!

竹の子
新陳代謝を高め、老化を防ぐ効果が期待できます。不足すると記憶力が低下する。

枝豆
枝豆にはレシチンが含まれ、脳神経や神経組織を構成する成分の一部になります。脳の活性化を促し、記憶力が落ちることや痴呆になることを、予防の効果が期待できます。

里芋
里芋のヌルヌルとした粘性物質「ガラクタン」は、炭水化物とタンパク質の複合体で、血中脂質を減らして動脈硬化を防ぐすぐれた効果をもっています。
脳細胞を活性化させ、ボケを防ぎ免疫力を高めます。がん細胞の抑制や降圧作用もあります。

! One Point
生理的な物忘れには、脳の機能を維持したり、老化を防ぐ栄養素をバランスよくとることが、予防につながります。
脳血管性認知症による物忘れは、脳血管疾患の予防になる栄養素を取りましょう。

※ 記事は野菜に含まれる一般的な栄養成分をもとに構成しており、必ずしも効果効能を保証するものではありません。

野菜の栄養:ダイエット食事編

野菜の栄養:貧血ぎみ食事編

関連記事

  1. 野菜の栄養:糖尿病予防食事編

    インスリン分泌抑制血糖値上がりにくく!舞茸まいたけ独自の成分、X-フラクションは…

  2. 野菜の栄養:老化防止食事編

    活性酸素を無毒化!かぼちゃかぼちゃはβ-カロテン、ビタミンC、Eを豊富に含んだ食…

  3. 野菜の栄養:血液サラサラ食事編

    中性脂肪を取り除こう!玉ねぎ玉ねぎは、野菜の中でも特に血液をサラサラにする薬効成…

  4. 野菜の栄養:体のむくみ食事編

    カリウム余分な水分排出トマトトマトには余分な塩分を体外に排泄するカリウムが豊富に…

  5. 野菜の栄養:動脈硬化食事編

    血液をサラサラにして中性脂肪を除くしいたけしいたけには”エリタデニン”という成分…

  6. 野菜の栄養:二日酔い食事編

    利尿作用を促し肝臓の解毒きゃべつキャベツに含まれる「キャベジン」と呼ばれる成分は…

  7. 野菜の栄養:最近イライラ食事編

    カルシウム補いストレス解消!!小松菜ストレス解消によいとされるカルシウム含有量が…

  8. 野菜の栄養:夏バテ食事編

    体のほてりを冷やし喉を潤す山芋やまいもは (ビタミンB群・酵素・食物繊維など) …

スポンサーリンク