野菜の栄養:骨粗しょう症予防食事編

カルシウム、マグネシウム重要!

小松菜
骨をつくる栄養素、「カルシウム」は牛乳よりも多く含まれているため骨粗しょう症予防に効果があります。
(牛乳:100gあたり110mg、小松菜:170mg)

ほうれん草
ほうれん草はβカロテンが豊富で、βカロテンは体内において必要な分だけビタミンA (ビタミンAは健康で強い骨を維持するのに必要な栄養素) に変換されます。
また、ビタミンAには、皮膚や呼吸器・消化器の粘膜を保護するはたらきもあります。

モロヘイヤ
カルシウム、カリウム、鉄などのミネラル分が多く含まれ、骨粗鬆症予防にも有効です。

! One Point
骨の健康にかかわる栄養素は多く、バランスのよい食事を心がけることが骨粗しょう症予防の基本です。
なかでも骨の材料となるカルシウムは欠かせません。青梗菜、切り干し大根などもカルシウムを多く含む食材です。

※ 記事は野菜に含まれる一般的な栄養成分をもとに構成しており、必ずしも効果効能を保証するものではありません。

野菜の栄養:夏バテ食事編

野菜の栄養:動脈硬化食事編

関連記事

  1. 野菜の栄養:貧血ぎみ食事編

    赤血球つくりだそうれんこん鉄分を多く含みます。鉄の吸収をよくするビタミンCが10…

  2. 野菜の栄養:疲れぎみ食事編

    スタミナ疲労回復にんにくにんにくの臭い成分、アリシンは疲労回復効果のあるビタミン…

  3. 野菜の栄養:血液サラサラ食事編

    中性脂肪を取り除こう!玉ねぎ玉ねぎは、野菜の中でも特に血液をサラサラにする薬効成…

  4. 野菜の栄養:二日酔い食事編

    利尿作用を促し肝臓の解毒きゃべつキャベツに含まれる「キャベジン」と呼ばれる成分は…

  5. 野菜の栄養:風邪ひいたぁ食事編

    体の免疫力を高めよう!!長ねぎねぎの白い部分は風邪のウイルスに対する殺菌、発汗、…

  6. 野菜の栄養:夏バテ食事編

    体のほてりを冷やし喉を潤す山芋やまいもは (ビタミンB群・酵素・食物繊維など) …

  7. 野菜の栄養:便秘ぎみ食事編

    食物繊維で腸を活発にさつま芋さつまいもに含まれる食物繊維、セルロースが腸に程よい…

  8. 野菜の栄養:糖尿病予防食事編

    インスリン分泌抑制血糖値上がりにくく!舞茸まいたけ独自の成分、X-フラクションは…

スポンサーリンク