野菜の栄養:最近イライラ編

カルシウム補いストレス解消!!

小松菜
ストレス解消によいとされるカルシウム含有量がほうれん草の5倍と云われ、牛乳約300mlと同等にあたります。
小松菜には亜鉛も含まれ、注意力や精神安定などの効用もあるとされています。

カブの葉
カルシウムはほうれん草の4倍。亜鉛も含み、その他のビタミン類も豊富です。

セロリ
セロリ特有の香り成分には、薬効があるアビオイルが含まれストレス解消、神経のイライラを静める働きがあります。
特にセロリの葉の方に多く含まれています。

! One Point
イライラの改善につながるカルシウムは、ビタミンDを多く含む食品 (きのこ類、レバー、魚など) と一緒に摂ると吸収率がアップします。

カルシウムと良質のたんぱく質、ビタミンB1をきちんと摂ることが大切です。

※ 記事は野菜に含まれる一般的な栄養成分をもとに構成しており、必ずしも効果効能を保証するものではありません。

野菜の栄養:美容に・・編

野菜の栄養:胃腸の調子編

関連記事

  1. 野菜の栄養:動脈硬化編

    血液をサラサラにして中性脂肪を除くしいたけしいたけには”エリタデニン”という成分…

  2. 野菜の栄養:つらい肩こり編

    新陳代謝を円滑に血液サラサラかぼちゃかぼちゃにはビタミンEが豊富に含まれ、からだ…

  3. 野菜の栄養:骨粗しょう症予防編

    カルシウム、マグネシウム重要!小松菜骨をつくる栄養素、「カルシウム」は牛乳よりも…

  4. 野菜の栄養:風邪ひいたぁ編

    体の免疫力を高めよう!!長ねぎねぎの白い部分は風邪のウイルスに対する殺菌、発汗、…

  5. 野菜の栄養:美容に・・編

    コラーゲン生成かぼちゃ皮膚や粘膜を健康に保つカロチン (ビタミンA) が豊富に含…

  6. 野菜の栄養:夏バテ編

    体のほてりを冷やし喉を潤す山芋やまいもは (ビタミンB群・酵素・食物繊維など) …

  7. 野菜の栄養:物忘れ編

    脳を活性化!竹の子新陳代謝を高め、老化を防ぐ効果が期待できます。不足すると記憶力…

  8. 野菜の栄養:疲れぎみ編

    スタミナ疲労回復にんにくにんにくの臭い成分、アリシンは疲労回復効果のあるビタミン…

スポンサーリンク