野菜の栄養:最近イライラ食事編

カルシウム補いストレス解消!!

小松菜
ストレス解消によいとされるカルシウム含有量がほうれん草の5倍と云われ、牛乳約300mlと同等にあたります。
小松菜には亜鉛も含まれ、注意力や精神安定などの効用もあるとされています。

カブの葉
カルシウムはほうれん草の4倍。亜鉛も含み、その他のビタミン類も豊富です。

セロリ
セロリ特有の香り成分には、薬効があるアビオイルが含まれストレス解消、神経のイライラを静める働きがあります。
特にセロリの葉の方に多く含まれています。

! One Point
イライラの改善につながるカルシウムは、ビタミンDを多く含む食品 (きのこ類、レバー、魚など) と一緒に摂ると吸収率がアップします。

カルシウムと良質のたんぱく質、ビタミンB1をきちんと摂ることが大切です。

※ 記事は野菜に含まれる一般的な栄養成分をもとに構成しており、必ずしも効果効能を保証するものではありません。

野菜の栄養:美容に・・食事編

野菜の栄養:胃腸の調子食事編

関連記事

  1. 野菜の栄養:便秘ぎみ食事編

    食物繊維で腸を活発にさつま芋さつまいもに含まれる食物繊維、セルロースが腸に程よい…

  2. 野菜の栄養:二日酔い食事編

    利尿作用を促し肝臓の解毒きゃべつキャベツに含まれる「キャベジン」と呼ばれる成分は…

  3. 野菜の栄養:食欲不振食事編

    消化を助け胃酸をコントロールかぶ消化酵素のジアスターゼが豊富に含まれており、消化…

  4. 野菜の栄養:骨粗しょう症予防食事編

    カルシウム、マグネシウム重要!小松菜骨をつくる栄養素、「カルシウム」は牛乳よりも…

  5. 野菜の栄養:疲れ目食事編

    視力低下・眼精疲労予防しよう紫芋アントシアニンは、目の神経伝達を良くする効果があ…

  6. 野菜の栄養:夏バテ食事編

    体のほてりを冷やし喉を潤す山芋やまいもは (ビタミンB群・酵素・食物繊維など) …

  7. 野菜の栄養:糖尿病予防食事編

    インスリン分泌抑制血糖値上がりにくく!舞茸まいたけ独自の成分、X-フラクションは…

  8. 野菜の栄養:物忘れ食事編

    脳を活性化!竹の子新陳代謝を高め、老化を防ぐ効果が期待できます。不足すると記憶力…

スポンサーリンク