野菜の栄養:疲れぎみ食事編

スタミナ疲労回復

にんにく
にんにくの臭い成分、アリシンは疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収を高め、疲労回復効果を長続きさせるはたらきがあります。

にら
にんにくと同じく、にらの香り成分にもアリシンが含まれます。ビタミンB1の吸収を高め、疲労回復効果を長続きさせるはたらきがあります。
皮膚の粘膜を強化するカロチンも豊富で、ビタミン類、ミネラルも含まれ栄養的にも優れています。

アスパラ
アミノ酸の一種、アスパラギン酸がエネルギー代謝を高めることでスタミナをつけ、疲れにくい体を作ります。

! One Point
スタミナをつけるためには、腸を健康に保つことが大事。食物繊維 (かぼちゃ、さつまいも、ごぼうなど) を普段からとっておくとよいです。

体力をアップするには、ビタミンB1 (豚肉、うなぎなどが豊富) が大事。ビタミンB1の吸収を高めるには、にんにく、ねぎ、にらなど、アリシン (硫化アリル) が含まれる野菜と一緒にとるとよいです。

甘いものを摂り過ぎると、疲労回復に大切なビタミンB1の吸収を妨げます。

※ 記事は野菜に含まれる一般的な栄養成分をもとに構成しており、必ずしも効果効能を保証するものではありません。

野菜の栄養:体のむくみ食事編

野菜の栄養:つらい肩こり食事編

関連記事

  1. 野菜の栄養:動脈硬化食事編

    血液をサラサラにして中性脂肪を除くしいたけしいたけには”エリタデニン”という成分…

  2. 野菜の栄養:便秘ぎみ食事編

    食物繊維で腸を活発にさつま芋さつまいもに含まれる食物繊維、セルロースが腸に程よい…

  3. 野菜の栄養:最近イライラ食事編

    カルシウム補いストレス解消!!小松菜ストレス解消によいとされるカルシウム含有量が…

  4. 野菜の栄養:貧血ぎみ食事編

    赤血球つくりだそうれんこん鉄分を多く含みます。鉄の吸収をよくするビタミンCが10…

  5. 野菜の栄養:夏バテ食事編

    体のほてりを冷やし喉を潤す山芋やまいもは (ビタミンB群・酵素・食物繊維など) …

  6. 野菜の栄養:骨粗しょう症予防食事編

    カルシウム、マグネシウム重要!小松菜骨をつくる栄養素、「カルシウム」は牛乳よりも…

  7. 野菜の栄養:風邪ひいたぁ食事編

    体の免疫力を高めよう!!長ねぎねぎの白い部分は風邪のウイルスに対する殺菌、発汗、…

  8. 野菜の栄養:冷え症食事編

    毛細血管の血流を促す生姜しょうがに含まれる辛味成分に血液の循環を良くして、新陳代…

スポンサーリンク