野菜の栄養:貧血ぎみ編

赤血球つくりだそう

れんこん
鉄分を多く含みます。鉄の吸収をよくするビタミンCが100g中55mgも含まれ、これだけで1日に必要なビタミンをまかなえるほどの量です。

大葉
しその強い防菌性を持つペリアアルデヒドが、腸内の細菌の腐敗を防ぎ、血液をきれいにし、造血を促進して貧血を治す効力を発揮します。

ほうれん草
ほうれんそうには100g中3.7mgの鉄分が含まれており、野菜の中では多い部類に入ります。鉄分吸収率は肉類に比べると低いのですが、鉄分の吸収を促進するビタミンCが豊富に含まれます。

! One Point
貧血に悩む方の多くは、鉄分不足が原因だと言われています。鉄の吸収をサポートすると言われている「ビタミンC」と一緒に摂取するとよいでしょう。

※ 記事は野菜に含まれる一般的な栄養成分をもとに構成しており、必ずしも効果効能を保証するものではありません。

野菜の栄養:物忘れ編

野菜の栄養:老化防止編

関連記事

  1. 野菜の栄養:老化防止編

    活性酸素を無毒化!かぼちゃかぼちゃはβ-カロテン、ビタミンC、Eを豊富に含んだ食…

  2. 野菜の栄養:風邪ひいたぁ編

    体の免疫力を高めよう!!長ねぎねぎの白い部分は風邪のウイルスに対する殺菌、発汗、…

  3. 野菜の栄養:血液サラサラ編

    中性脂肪を取り除こう!玉ねぎ玉ねぎは、野菜の中でも特に血液をサラサラにする薬効成…

  4. 野菜の栄養:二日酔い編

    利尿作用を促し肝臓の解毒きゃべつキャベツに含まれる「キャベジン」と呼ばれる成分は…

  5. 野菜の栄養:疲れ眼編

    視力低下・眼精疲労予防しよう紫芋アントシアニンは、目の神経伝達を良くする効果があ…

  6. 野菜の栄養:動脈効果編

    血液をサラサラにして中性脂肪を除くしいたけしいたけには”エリタデニン”という成分…

  7. 野菜の栄養:糖尿病予防編

    インスリン分泌抑制血糖値上がりにくく!舞茸まいたけ独自の成分、X-フラクションは…

  8. 野菜の栄養:胃腸の調子編

    消化酸素をとる大根胃腸薬にも配合される消化酵素のジアスターゼが豊富に含まれており…

スポンサーリンク